キャッシングはどんな時利用停止されるのか

うわっキャッシングが利用停止に!これから私どうなるの!?

クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のカードを利用していた人に、ある日突然「キャッシング利用を停止します」という通知が来ることがあります。その理由はいくつか考えられるのですが、まず総量規制という制度の導入により、その人の借り入れ額の総額が年収の3分の1を越えそうな場合、あるいは越えてしまった場合は利用停止になります。なおこの貸金業法の改正に際しては個人の年収の提示が必要になってきますが、その届け出をしていない人もキャッシング機能は使えません。

次に、延滞などその利用者の返済能力に問題があると判断されたときです。これならば当然本人にも心当たりがあるのですが、延滞などがなくても会社独自の判断で停止になることもあるのです。利用者が問い合わせても会社側が停止の理由をはっきりと伝えることはないようですが、例えば利用者が他社のカードを新規で作るなど、何らかの根拠があるるのです。返せそうな人には貸すけれど、返せそうにない、あるいは今後そうなっていきそうな人とは取引したくないと思うのは会社にとっては当然のことなのかもしれません。いろいろな状況も絡めて、場合によっては厳しい決定になる場合もあるのです。

しかし利用者にすれば突然こんな通告を受けてしまったら誰でも驚きますよね。クレジットカードの場合であれば、キャッシング機能が使えなくなっただけでショッピング機能はそのまま使えるので、そのままでもいいという人もいるでしょう。しかしそうではなく、その人が月々の足りない分をキャッシングで補うような生活をしていたとすればどのカードであれ、あるいは停止した理由が何であれ、たちまち当月からの返済に困るということになります。残りを何とか返済して後は苦しくても収入内で何とかやっていける目処の立つ人はいいのですが、複数からの借り入れがあるような人は、せめてローンをまとめて少しでも利子を減らすなどの努力をしていくしかありません。

後はいつこの停止が解除されるのか、果たして解除されるのかということですが、それは今回の停止を判断された理由にもよるのです。この判断の根拠となるような個人情報は、各会社が必要に応じて信用情報機関に定期的にアクセスして得ています。ここにもしその人に3ヶ月以上の延滞の記録が載れば、通常どの会社もお金を貸しませんし、既に貸していたら当然キャッシング利用はストップします。この人がそれを払い終わって延滞が解消すれば、情報機関上では1年間でこの記録は消されますが、延滞された当事者の会社はもちろんのこと、この情報にアクセスしたことのある会社がこのデータをすぐに消すとは考えられません。ということは、少なくとも延滞3ヶ月以上という履歴のある人は、今後は普通の消費者金融や銀行からお金を借りるのはとても難しいといえるのです。