ブラックリストは本当に存在するのか

お金が返せなくてブラックリストに!もしかして人生終了?

よく「借金を返せなくてブラックリストに載った」などという話を聞くことがあります。ここで言われるブラックリストとは、信用情報機関が持っているデータのことを指していると思われますが、この機関は、各会社などから上がってくる大量の個人信用情報をデータとして一括しているだけで、別に「借金を返せなかった人だけをリストアップしている機関」ではありません。信用情報機関には幾つかあって、それによって消費者金融業や銀行、またローン関係など登録業者の種類が違い、個人情報の消去までの期間や取り扱いなどに若干の差があったりしますが、いずれも個人の信用情報を一定期間蓄積して共有するための機関という点では同じです。

借金を返せなかったと一言で言っても、その内容については返済期日までに返さなかったという延滞から自己破産申立までいろいろです。まず数としては一番多く、それだけについうっかりしてしまいそうな延滞についてですが、この情報機関において「延滞」として扱われるのは全て3ヶ月以上の延滞のことを言います。ですから程度や頻度にもよるのですが、事前に「期日には無理だけどこの日までに返します」という連絡を入れた上での期日遅れ程度ならば、いわゆるこのブラックリストには載らないのです。勿論毎回これでは会社側もこの人に対する信用をなくしてしまいますから、情報機関に記録が上がることはないにしても、貸し出し限度額が下がるなどの措置は受けるかもしれませんよ。

しかし一度この情報機関に延滞として登録されてしまったら、例えそれを返済し終わったとしてもその後1年間はこの情報は消されずに残ることになっています。ですからある消費者金融に3ヶ月以上延滞したことのある人が新たに別の消費者金融で借りようとしても、返却日から1年間は審査に通りません。また複数の会社から同時に借り入れしていて、その内の一つで延滞したとしても、やはり別の会社でも遠からず利用停止を受けることになります。なので、もしあなたがどうしても返せない状況になったとしても、せめて3ヶ月以内に何とかしないことには、まともな会社からは一切お金を借りれないという追いつめられた状態に陥ってしまうのです。

案外知られていないことですが、携帯電話会社もこの信用情報機関の内のひとつに登録しています。携帯電話の契約時に、本体価格をローンに組んで毎月通話料と一緒に支払うことになっているのが一般的だと思いますが、もしこの毎月の支払いに数ヶ月の延滞があった場合、通話料ではなくローンの延滞としてしっかりこの情報機関に登録されてしまうのです。毎月通話料と一緒にローンを返済しているという自覚のある人は少ないのではないでしょうか。金額が小さいこともあって、毎月の明細を見ても通話料のおまけくらいにしか見えませんよね。返済だと思えば気をつけるのに、通話料ならばついうっかりなんてことはよくあるのではないかと思います。「そういえば以前に携帯電話料金の支払いをずっと払い忘れていたことがあったけれどその後きちんと完済したっけ」などという人が、そんなことはすっかり忘れて新車のローンを組もうと思ったら通らないけどなんで?なんてことがあるかもしれませんよ。これもこの信用情報機関が動いている故なのです。